キャバクラのお仕事情報First Caba Work

これさえ読めばOK!キャバクラの体入(体験入店)について

普通のバイトであれば、面接に合格したらシフトを決めて勤務開始。
でも、キャバクラの場合はその間に「体入」が入るんです。

体入(体験入店)って何?

これさえ読めばOK!キャバクラの体入(体験入店)について

キャバクラのお仕事は、普通のバイトとは違うシステムがあります。
それが体験入店、略して体入です。

体入はその名前の通り、“入店”を”体験”すること。
つまり、正式に働く前に一度お試しでお仕事ができちゃうんです!

ナイトワークはちょっと特殊なお仕事のため、女の子にとって合う合わないはやっぱりあります。
ただ働き始めてしまうとなかなか「辞めたい」って言いづらかったりしますよね。

でも体入ならまだお試し期間のため、合わないなと思ったら「ちょっと考えます」と言ってフェードアウトすればOK♪
色んなお店に体験入店をして、自分にとって一番良い条件のところを探す、なんてことも可能ですよ。

体入時に必要なものは?

これさえ読めばOK!キャバクラの体入(体験入店)について

体験入店の際に必要な物をリストアップしました。

・身分証明書

キャバクラで働くときに、必ず必要になります。
免許証やパスポートなど、顔写真つきのものが好ましいです。

・靴

ドレスレンタルはしていても、靴は自分で用意するお店が多いです。
ヒールが高めのミュールかサンダルを持っていきましょう。

・ストッキング

ストッキングは破れることが多いので、常に予備を持っていましょう。

・ハンカチ

主にグラスを拭くのに使います。

・ライター

お客様がタバコを吸う際に、自分のライターで火をつけてあげてください。

・ボールペン

体入時は何も書いていない名刺に自分で名前を書き込むことが多いです。
ボールペンは必須ですよ。

・スマホ

お客様と連絡先を交換することが多いお仕事です。
その場でサクッと交換できるように常に持っておきましょう。

・ポーチ

貴重品や小物などを持ち運ぶ用です。
ドレスに合う、おしゃれなものにしましょう。

最近はドレスや小物類はお店がすべてレンタルしてくれるため、手ぶらで体験入店できるところも増えてきました。
そのため体入の際は「何か持ってくる物はありますか?」とお店に聞いた方が良いですよ。

体入の当日の流れ

これさえ読めばOK!キャバクラの体入(体験入店)について

体験入店は面接後すぐのこともあれば、後日改めての時もあります。
どちらの場合も流れはほぼ同じなので、ぜひ参考にしてくださいね。

1. 着替え&ヘアメイク

まずは更衣室で準備開始です!
自分に似合うドレスを着て、ドレスに合うヘアメイクをしましょう。
ヘアメイクは自分でやるところもあれば、提携の美容室があったり、プロが常駐しているところもあったりします。
それぞれのお店のスタイルに合わせて、臨機応変に対応してください。

2. 研修

準備を終えたら、今度はお仕事の説明です。
キャバクラのシステム、ドリンクの作り方、テーブルマナーなどを学びます。
先輩キャストやボーイなど、経験豊富な人がつきっきりで教えてくれるので安心してくださいね。

3. お仕事スタート

次は実際にお客様を接客してもらいます。
「体入なんです~」と事前に一言言っておくと安心です。
緊張するとは思いますが、研修で学んだことを生かして頑張りましょう!

4. お給料GET

勤務を終えたら、スタッフからお給料を手渡しでもらえます。
明細書もあるはずなのでチェックしてください。

5. 入店するかどうか決める

「次はいつ来られる?」とスタッフさんに聞かれたら合格です。
今度はあなたがどうするか決める番。
その場で答える必要はないので、じっくり考えてくださいね。

せっかくキャバクラには体入といううれしいシステムがあるので、有効活用しなくちゃ損です!
複数のキャバクラに体入して、じっくり自分にピッタリのお店を見つけましょう♪